○黒潮町特定不妊治療費補助金交付要綱

平成29年3月28日

告示第30号

(趣旨)

第1条 この告示は、黒潮町補助金交付規則(平成18年黒潮町規則第46号。以下「規則」という。)第20条の規定に基づき、黒潮町特定不妊治療費補助金(以下「補助金」という。)の交付について必要な事項を定めるものとする。

(目的)

第2条 医療保険が適用されず、高額の治療費がかかる配偶者間の体外受精及び顕微授精(以下「特定不妊治療」という。)に要した費用の一部を、高知県不妊に悩む方への特定治療支援事業実施要綱(平成16年4月1日施行。以下「実施要綱」という。)に上乗せして補助することにより、不妊治療の経済的負担の軽減及び少子化対策の推進を図ることを目的とする。

(定義)

第3条 この要綱において、「治療費」とは、特定不妊治療にかかる保険診療適用外の治療費をいう。

(対象となる治療等)

第4条 助成の対象となる治療は、実施要綱第4条の規定を準用する。

(対象者)

第5条 この要綱による補助金の交付対象者は、次に掲げる要件をすべて満たすものとし、本町への転入前に行われた特定不妊治療については対象としないものとする。

(1) この補助金の申請日において、法律上の婚姻をしている夫婦

(2) 夫婦の両方又はいずれか一方が本町に住所を有し、かつ、居住している者

(3) 実施要綱に基づき県が行う事業(以下「県事業」という。)による助成の決定を受け、治療費の全額を助成されていないこと。

(4) 町税等の滞納がないこと。

(5) 県事業の助成以外に、他の市町村において同様の助成を受けていない者

(補助金の額及び回数)

第6条 補助金の額は、治療費から県事業による助成額を差し引いた額とする。ただし、補助対象治療1回につき10万円を限度とし、予算の範囲内において交付するものとする。

2 補助金の交付を受けることができる回数は、通算助成回数6回まで助成を受けることができ、年間助成回数及び通算期間については制限しないものとする。ただし県の助成回数の範囲内とする。

(男性不妊治療費の補助)

第7条 第5条の対象者が受診する特定不妊治療に、男性不妊治療(精子を精巣又は精巣上体から採取するための手術をいう。)が含まれる場合は、前条に規定する補助金の額に加え、1回の治療に含まれる治療費から県事業による助成額を差し引いた額とし、10万円を限度として補助する。

(支給要件等)

第8条 助成の支給の要件は、夫及び妻の前年の所得(1月から5月までの県事業申請については、原則として前々年の所得とする。)の合計額が730万円未満とする。この場合において、所得の範囲については児童手当法施行令(昭和46年政令第281号)第2条の規定を準用し、所得の額の計算方法については同令第3条の規定を準用する。

(交付申請)

第9条 補助金の交付を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、次に掲げる関係書類を、黒潮町特定不妊治療費補助金交付申請書(様式第1号。以下「申請書」という。)に添えて町長に提出しなければならない。

(1) 高知県不妊に悩む方への特定治療支援事業承認決定通知書の写し

(2) 黒潮町特定不妊治療医療機関受診証明書(様式第2号)又は高知県知事に提出する不妊に悩む方への特定治療支援事業指定医療機関受診等証明書の写し

(3) 特定不妊治療に係る領収書の写し

(4) その他町長が必要と認める書類

2 前項の申請は、原則として、治療が終了した日の属する年度の3月31日まで(県事業の助成額の交付が決定した日が3月以降である場合には、交付決定後1箇月以内)に行わなければならない。ただし、町長がやむを得ない理由があると認めたときは、この限りではない。

(交付決定等)

第10条 町長は、前条第1項の申請書を受理し、申請が適当であると認めたときは、補助金の交付を決定し、黒潮町特定不妊治療費補助金交付決定通知書(様式第3号)により、適当でないと認めたときは、黒潮町特定不妊治療費補助金不交付決定通知書(様式第4号)により申請者に通知するものとする。

(実績報告)

第11条 規則第11条第1項に規定する補助金に係る実績報告は、申請書の提出をもってなされたものとみなす。

(補助金の交付請求等)

第12条 補助金は、第10条による補助金の交付決定があった後に、黒潮町特定不妊治療費補助金交付請求書(様式第5号)により交付するものとする。

(補助金の返還)

第13条 町長は、偽りその他不正な手段により補助金を受け取った者があるときは、その者に対し交付した補助金の全部又は一部を返還させることができる。

(助成台帳)

第14条 町長は、助成の状況を明確にするため、台帳を備え付けるものとする。

(情報の開示)

第15条 補助金に関して、黒潮町情報公開条例(平成18年黒潮町条例第12号)により開示請求があった場合には、同条例第9条に規定する非公開情報以外は、原則として開示を行うものとする。

(その他)

第16条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この告示は、平成29年4月1日から施行し、同日以後において開始した特定不妊治療について適用する。

画像

画像

画像

画像

画像

黒潮町特定不妊治療費補助金交付要綱

平成29年3月28日 告示第30号

(平成29年4月1日施行)