○学習支援事業実施要綱

平成23年4月1日

教育委員会訓令第3号

(趣旨)

第1条 この訓令は、児童生徒一人ひとりの基礎・基本の定着と確かな学力の向上を目指し、教員の指示のもと、個別支援や習熟度別支援を行うなどの学習支援することや、教員が子どもと向き合う時間の充実を図るために、黒潮町教育委員会(以下「教育委員会」という。)が黒潮町立小学校及び黒潮町立中学校(以下「学校」という。)に学習支援員を配置する学習支援事業(以下「学習支援事業」という。)の取扱いを定めるものとする。

(計画の申請及び承認)

第2条 学習支援事業を実施する学校は、学習支援事業計画書(様式第1号)を、教育委員会に提出しなければならない。

2 教育委員会は、前項に規定する計画書を受理したときは、計画の承認の可否を決定し、黒潮町学習支援事業計画書承認通知書(様式第2号)により学校に通知するものとする。

3 教育委員会は、前項の規定により計画の承認を決定したときは、学校に予算の配当替を行うものとする。

(任用)

第3条 学習支援員は、次の各号により町が雇用するものとする。

(1) 学校は、計画の実行に適切な学習支援員を選定した上で、学習支援事業計画書(様式第1号)に学習支援員の氏名等を記載し、申請をするものとする。

(2) 前号の規定により申請があった学習支援員について、町は採用の可否を決定し、配置するものとする。

(3) 学習支援員の活用は、配当予算の範囲内であれば、1校につき複数人を配置し、交代での活用もできるものとする。

(4) 学習支援員の資格要件は、教員免許を取得している者が望ましいが、資格要件は問わないこととする。

(賃金等)

第4条 学習支援員の賃金の額は、1時間(60分)916円とし、黒潮町定数外職員取扱要綱(平成18年黒潮町告示第10号)に定めるところにより通勤手当を支給する。

2 学習支援員の賃金の支払は、学校において事務処理を行い、勤務月の翌月10日に支払うものとする。ただし、やむを得ない場合は、これによらないことができるものとする。

(学習支援員の服務等)

第5条 学習支援員の服務の監督は、配置を受けた学校の校長が行うものとする。

2 校長は、学習支援員に対し守秘義務並びに個人情報の保護及び取扱いについての説明を行うものとし、学習支援員はこれを遵守するものとする。

(勤務日及び勤務時間等)

第6条 学習支援員の勤務日及び当該勤務日における勤務時間等は、配置を受けた学校の校長が、月曜日、火曜日、木曜日及び金曜日は1日6時間、水曜日は1日5時間を基本時間とし、1週間29時間以内で定めるものとする。

2 前項の規定にかかわらず、校長が必要と認める場合は、曜日ごとの勤務時間を変更し、1日8時間以内の勤務を定めることができるものとする。ただし、その場合においても、繰替授業日が同じ週でない場合を除き、1週間29時間以内の勤務時間とするものとする。

3 前2項の規定にかかわらず、週の途中で授業日が始まる場合及び終わる場合並びに週の中に祝日がある場合は、第1項の基本時間の授業日の合計を勤務時間の上限とするものとする。

(業務内容)

第7条 学習支援員は、学力向上のための個別支援や習熟度別支援を行うなどの学習支援や教員が子どもと向き合う時間の充実を図るため等に、教員の指示のもと業務を行うものとし、学習支援員単独での授業は行わないものとする。

(計画の変更)

第8条 学校は、学習支援事業の変更をする場合には、学習支援事業計画書(様式第1号)に変更と記載して、教育委員会に提出し、承認を得るものとする。

2 学校は、学習支援員が事情により勤務することができない状況が生じた場合には、代替者の確保に努めなければならない。

3 学習支援員の変更をする場合は、黒潮町学習支援員変更申請書(様式第3号)を教育委員会に提出するものとする。

(実績報告等)

第9条 学校は、学習支援事業実績報告書(様式第4号)を3月31日までに教育委員会に提出するものとする。

2 教育委員会は、事業の進捗状況及び成果等を確認するために、学校に報告を求めることができるものとする。

(その他)

第10条 この訓令に定めるもののほか、必要な事項は、教育長が別に定める。

附 則

この訓令は、公表の日から施行する。

附 則(平成24年3月28日教育委員会訓令第1号)

この訓令は、平成24年4月1日から施行する。

画像画像画像

画像

画像

画像画像画像

学習支援事業実施要綱

平成23年4月1日 教育委員会訓令第3号

(平成24年4月1日施行)